読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事以外日記

日々の生活の中で、仕事に関わらないこと全般を書いていきます。 本の感想、外出の記録、などなど。

ミイラ取りがミイラになった! 「フィリピンパブ嬢の社会学」

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)

「アイシテルヨ〜」の笑顔のかげに、凄まじい人生があった。フィリピンパブを研究するうちに、あるパブ嬢と付き合うようになった筆者は、その奴隷同然の暮らしを目の当たりにする。月給6万円、偽装結婚、ゴキブリ部屋に監視付、休みは月に2回だけ……そしてある日、彼女に懇願されて、雇い主のヤクザのところに、なぜか乗り込む羽目に! 前代未聞、ノンフィクション系社会学


「研究対象を恋愛対象にしてしまいました……」という帯のフレーズに、猛烈に面白そうな匂いをかぎ取ってついつい購入。



日本で暮らすフィリピン人を研究するためにフィリピンパブに通ううちに、そこで出会った女性とつきあい、ヒモになり、経営者のヤクザとやり合い、最後には結婚までしてしまった著者のお話。
周囲の反対に遭いながらも恋人と結ばれるために突き進む著者のパワーと無鉄砲さに圧倒されながら楽しく読んでいくうちに、フィリピンから来日する女性たちの実像やその背景が徐々にわかってくる。



元々、フィリピンの女性たちは歌手やダンサーという名目で「興行ビザ」で来日し、実際はホステスとして働いて金を稼いでいた。
事態を重く見た政府が規制を厳しくして簡単に興行ビザの発給用件を厳しくすると、今度は日本人と結婚するためという名目で日本に滞在するようになった。
お店の関係者と形だけ籍を入れて、ホステスとして働く。
要するに偽装結婚で、著者の恋人のミカもこの手法を用いて出稼ぎのために日本へやってきていた。
もちろん犯罪。
だからトラブルに巻き込まれても警察を頼ることは絶対にできない。
ホステスとはいえ中抜きがひどく、給料は10万円以下しかもらえない。
仕事は厳しく、生活にも全然ゆとりがない。
それは、別にいいんです。
ミカは全部わかった上で日本へ来る道を選んだわけだし(姉が先に同じ道をたどっている)、本人も辛い目に遭いながらも楽しく毎日を過ごしている。
実際、ミカが日本で稼ぐことで母国の家族たちは裕福な暮らしを送ることができている。



むしろきついなあと思わされたのは、著者と一緒にフィリピンへ帰国したときのこと。
日本で暮らすミカは金持ちだと信じ切った親族たちが、とにかく金をせびってくる。
母親の恋人の借金まで払うよう要求され、ミカは大切な家族のためだからとそれを呑んでしまう。
以下は、ミカが帰国したと知った親戚たちが、続々と実家を訪れる場面。

親戚たちはまだいた。それどころか、人数が増えて30人くらいになっている。母が不機嫌な顔で言う。
「どうする。いくら渡すの?」
ミカとメイは、母親に「誰にはいくら、だれにはいくら」と告げて金を渡した。
次の日から毎日のように親戚たちがやってきた。自分の娘の写真を持って「この子を日本に行かせたい。ミカの社長に紹介してくれ」さらには「いいビジネスの話があるから30万円貸してほしい」というのもあった。
(中略)日本から持ってきた40万円はたちまち底をついた。
いつものように母が僕たちの部屋にやってきてミカに話しかけた。
「お金は?」
「もうないよ」
「じゃあ食べ物ないよ」
(中略)娘たちはいくらでも金を稼ぐことができる。家族はそう思っているのだ。どのような経緯で金がここにきているかなんて、彼らは知らない。知ろうともしない。


ミカの家族たちが特別がめつい連中ということではないみたい。
そうじゃなくて、フィリピンの(貧困層の)暮らしが僕たちの想像している以上に厳しいということ。
日本はフィリピンとは比べものにならないほど豊かな国だから、そこで働いているミカはいくらでも金がある、とみんな決めつけている。


この圧倒的なまでの認識の違いの中で、著者はミカの家族とつきあいながら結婚生活を送っていかなければいけない。
なかなか前途多難な将来が待っていそう。
人ごとながら心配になりつつ、本を読み終えた。