読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事以外日記

日々の生活の中で、仕事に関わらないこと全般を書いていきます。 本の感想、外出の記録、などなど。

ミイラ取りがミイラになった! 「フィリピンパブ嬢の社会学」

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)

「アイシテルヨ〜」の笑顔のかげに、凄まじい人生があった。フィリピンパブを研究するうちに、あるパブ嬢と付き合うようになった筆者は、その奴隷同然の暮らしを目の当たりにする。月給6万円、偽装結婚、ゴキブリ部屋に監視付、休みは月に2回だけ……そしてある日、彼女に懇願されて、雇い主のヤクザのところに、なぜか乗り込む羽目に! 前代未聞、ノンフィクション系社会学


「研究対象を恋愛対象にしてしまいました……」という帯のフレーズに、猛烈に面白そうな匂いをかぎ取ってついつい購入。



日本で暮らすフィリピン人を研究するためにフィリピンパブに通ううちに、そこで出会った女性とつきあい、ヒモになり、経営者のヤクザとやり合い、最後には結婚までしてしまった著者のお話。
周囲の反対に遭いながらも恋人と結ばれるために突き進む著者のパワーと無鉄砲さに圧倒されながら楽しく読んでいくうちに、フィリピンから来日する女性たちの実像やその背景が徐々にわかってくる。



元々、フィリピンの女性たちは歌手やダンサーという名目で「興行ビザ」で来日し、実際はホステスとして働いて金を稼いでいた。
事態を重く見た政府が規制を厳しくして簡単に興行ビザの発給用件を厳しくすると、今度は日本人と結婚するためという名目で日本に滞在するようになった。
お店の関係者と形だけ籍を入れて、ホステスとして働く。
要するに偽装結婚で、著者の恋人のミカもこの手法を用いて出稼ぎのために日本へやってきていた。
もちろん犯罪。
だからトラブルに巻き込まれても警察を頼ることは絶対にできない。
ホステスとはいえ中抜きがひどく、給料は10万円以下しかもらえない。
仕事は厳しく、生活にも全然ゆとりがない。
それは、別にいいんです。
ミカは全部わかった上で日本へ来る道を選んだわけだし(姉が先に同じ道をたどっている)、本人も辛い目に遭いながらも楽しく毎日を過ごしている。
実際、ミカが日本で稼ぐことで母国の家族たちは裕福な暮らしを送ることができている。



むしろきついなあと思わされたのは、著者と一緒にフィリピンへ帰国したときのこと。
日本で暮らすミカは金持ちだと信じ切った親族たちが、とにかく金をせびってくる。
母親の恋人の借金まで払うよう要求され、ミカは大切な家族のためだからとそれを呑んでしまう。
以下は、ミカが帰国したと知った親戚たちが、続々と実家を訪れる場面。

親戚たちはまだいた。それどころか、人数が増えて30人くらいになっている。母が不機嫌な顔で言う。
「どうする。いくら渡すの?」
ミカとメイは、母親に「誰にはいくら、だれにはいくら」と告げて金を渡した。
次の日から毎日のように親戚たちがやってきた。自分の娘の写真を持って「この子を日本に行かせたい。ミカの社長に紹介してくれ」さらには「いいビジネスの話があるから30万円貸してほしい」というのもあった。
(中略)日本から持ってきた40万円はたちまち底をついた。
いつものように母が僕たちの部屋にやってきてミカに話しかけた。
「お金は?」
「もうないよ」
「じゃあ食べ物ないよ」
(中略)娘たちはいくらでも金を稼ぐことができる。家族はそう思っているのだ。どのような経緯で金がここにきているかなんて、彼らは知らない。知ろうともしない。


ミカの家族たちが特別がめつい連中ということではないみたい。
そうじゃなくて、フィリピンの(貧困層の)暮らしが僕たちの想像している以上に厳しいということ。
日本はフィリピンとは比べものにならないほど豊かな国だから、そこで働いているミカはいくらでも金がある、とみんな決めつけている。


この圧倒的なまでの認識の違いの中で、著者はミカの家族とつきあいながら結婚生活を送っていかなければいけない。
なかなか前途多難な将来が待っていそう。
人ごとながら心配になりつつ、本を読み終えた。

「成功者K」で、羽田圭介の2年間を追体験する

成功者K

成功者K



芥川賞を受賞したKは、いきなりTVに出まくり、寄ってくるファンや友人女性と次々性交する。突如人生が変わってしまったKの運命は?芥川賞作家の超話題作。


表紙に作者の顔が載っている小説なんて初めて見た。
内容を考えると必然性はあるんだけど、書店で手に取るのが少し恥ずかしかった。








この小説、テレビに出まくっている作者の姿を見ていないと楽しむことができない。
だけどテレビを見てこの人のキャラクターをある程度知った状態で読むと、とてもおもしろい。
芥川賞受賞を機にテレビに出まくって売れっ子タレントになり、多忙な日々を送り、
その合間を縫って自分にすり寄ってくるファンと次々とセックスをする(「成功」と「性交」がかかってるんだね)。



テレビ関係のエピソードは恐らくほとんどが本当なんだろう。
作者の視点から見たテレビ現場の裏側を知ることができておもしろかった。
女性に次々と手を出す展開は・・・・・・どうなんだろう?
言い寄ってくる女性はゼロではなかったんだろう。「私とセックスしてください!」と書かれた手紙なんて、実際のエピソードなんじゃないかと想像している。
で、実際に手は出したのかな?
もちろん、普通に考えればその部分はフィクションなんだろうけど、そう決めつけるのはつまらないし、妙にリアルな描写もあって、本当に体験したことなのかな、という思いが頭をよぎる。


ニット越しの豊かな胸のふくらみに顔をうずめたあと、マットレスから飛び出した紗友子の綺麗な脚の先、パンプスのつま先に、新大阪の高層ビルの明かりや室外機が見える。

富美那の弾力のある硬い腹や太ももを触っている最中、突然気づいた。
元モデルでフリー司会者の由利さんの肌が四十歳なのに吸い付くような気持ちよさなのは、あの人がジムやヨガに通い日焼けに気をつけているからではない。単純に、肌の張りが衰えているからだ。いくら余分な脂肪がなくしっかりとした筋肉を保っても、肌表面のコラーゲン繊維の衰えは防げない。肌が細胞レベルで衰えているから、あんなにも、他社の身体に吸い付いてくるのだ

このあたり、実際に見た風景や、自らの身体で実感したことを書いたんだろうか? と思わされた。
どこまでが本当で、どこまでが嘘なのか。
ゲスな好奇心が止まらない。








もう一つの読みどころは、テレビで売れていく中で自分や周囲の態度がどう変わっていくのか、というところ。


芥川賞受賞以降のここ数ヶ月間で、人が生意気になるプロセスを知った。自分でぜんぶ判断してゆく限り、態度を大きくし優先順位を明確にさせていかないと、すべてをさばけないのだ。
たとえば新しくきた気乗りのしない仕事依頼に、日本人特有の、嫌われたくないあまりの婉曲な言い回しで断ってみても、相手はまだ可能性が残っているのかと食い下がってきたりする。それに対しメールで再度断りの返事をするという二度手間は、暇なときだったらこなせる。ただ同じような依頼が日に何件もくるような時期には、無理だ。

端から見たら調子に乗っている、と思うだろうけど、限られた時間内で仕事をこなすためのやむを得ない態度なんですね。
それから、芥川賞を受賞してから「当たりが強くなった」「笑わなくなった」と周囲に指摘されたことに対しての反応。


数年前からも笑わずつまらなさそうな顔をしていたり、時折当たりが強いときもあった自分の振るまいが、皆に認知されていなかっただけかもしれない。それまでは、いろいろと見逃されてきたのだ。(中略)成功を収めた途端、一挙手一投足に過剰に反応しだした

自分が変わらなくても、周囲の投げかける視線が変わり、「あの人は変わった」と断定されてしまう。





どこまでが本当なのかはわからないというのを前提においた上で、
売れない純文学作家から人気タレントへと「成功」していった、今まで見てきた羽田圭介のこの2年間を自分でも追体験してみるという、変わった読書体験になりました。

デトロイト美術館展は写真が撮り放題だった

上野の森美術館で開催中の「デトロイト美術館展」に行ってきた。
www.detroit2016.com




本家のデトロイト美術館が写真撮影自由ということで、この展覧会も月曜・火曜に限って撮影をすることができる。
だったらたくさん撮りまくってやろう、ということで火曜の午後上野へと足を運んだ。
平日の午後ということで客数も少なく、印象派の画家たちと、20世紀前半のドイツ・フランスの絵を、写真を撮った上でじっくりと鑑賞できた。
以下、特に印象に残った絵とその感想。




f:id:nsds:20161221195135j:plain
フェルメール「白い服の道化師」
自分の子供を描いた絵。
ただかわいいんじゃなくて、画家自身が子供のことがかわいくて仕方ないんだろうな、という父親の愛情まで伝わってくるような気がしてくるね。



f:id:nsds:20161221195215j:plain
これもルノワールの「白い浴女」
晩年の画家がリウマチに苦しみながら描いた作品。
病に侵されている最中だからこそ、生命の素晴らしさを表現したかったのかな。



f:id:nsds:20161221195237j:plain
モネ「グラジオラス」
好きになる風景画って必ず「この場所に行ってみたい」と切望するんだけど、この絵がまさにそんな作品だった。



f:id:nsds:20161221195308j:plain
ルドン「心に浮かぶ蝶」
全然知らない画家だったけれど、妙に気になってしばらく絵の前から離れられなかった。
心に浮かぶ、というより、地獄を彷徨う蝶のように見えてしまう。



f:id:nsds:20161221195314j:plain
ゴッホ「自画像」
心を覆う暗闇、鬱屈、絵を覆っている負の感情に飲み込まれそうになる。
ゴッホの人生をある程度知っているからこその先入観なのか?



f:id:nsds:20161221195319j:plain
ゴッホ「オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて」
自殺する1,2か月前に描いた絵。
本当はもっとのどかな光景なんだろう。
だけどゴッホには、もう世界を肯定的にとらえることができなかったのだろう。



f:id:nsds:20161221195332j:plain
キルヒナー「月下の冬景色」
一応、画家が見た景色をもとに描いたらしい。
月下といいながら夕暮れのような赤々とした空に、同じく葉を赤く光らせた木々。
不思議な、幻想的な風景。



f:id:nsds:20161221195340j:plain
f:id:nsds:20161221195401j:plain
f:id:nsds:20161221195422j:plain

すべてモディリアーニ「男の肖像」「女の肖像」「帽子をかぶった若い男性」
モディリアーニの絵を実際に鑑賞するのは初めて。
まったく知識はないけれど、ずっと気になる画家だった。
どうしてこの人は顔をこんなに長く描くのか。
わからないけど、気になって、じっくりと見てしまう。
そしてわからないのに、不思議といい絵だなと思ってしまう。



絵の中には、撮影はOKだけどSNS等への投稿が禁止されているものがいくつかあった。
ここに掲載した絵は、確か全部大丈夫だったと思うんだけど……

別に銀シャリの完成度の高さを確認するためにM-1グランプリを見てるわけじゃないんだ

今年のM-1グランプリ、見事銀シャリが優勝を成し遂げた。
例年以上にハイレベルの激戦をじっくりと堪能したけれど、釈然としない思いがずっと心の中でくすぶっている。




今のM-1グランプリは、過去のM-1と明らかに違う。
僕が好きだったM-1グランプリは、どうやらもう終わってしまったみたいだ。




今振り返れば、M-1最大の楽しみは「未知との遭遇」という点にあった。
名前も聞いたことのない、得体の知れないコンビが、今まで誰もやってないような斬新なネタを披露して見ているこちらの度肝を抜く。
そのコンビが高い評価を受けて、一気に売れっ子になって、M-1の歴史が更新されていく。
具体的には、07年に優勝したサンドウィッチマンや04年準優勝の南海キャンディーズがそうだった。
さらに特徴的だったのは、発想は新しくても技術が追い付いていないコンビにも高い評価を与えていたこと。
01年の麒麟や02年の笑い飯は、審査員も技術力がまだ身についていないことを指摘していた。
それでも麒麟は5位、笑い飯は3位と高い評価を得ている。
10年のスリムクラブも、決して上手さを感じるスタイルではないけれど、限りなく優勝に近い2位にまでのぼりつめた。




そういえば「麒麟枠」という言葉もあった。
M-1一年目に当時無名の麒麟が活躍し、その後笑い飯などが続いたことで生まれた言葉だ。




だから、誰が優勝するのか、という点と同じくらい、どんなコンビがM-1もしくはお笑い界に新しい風を吹かせてくれるのかという興味を抱きながら毎年番組を見るのを楽しみにしていた。
それがあるからこそ、M-1グランプリは他のお笑いの大会と違う、特別な魅力を持ったものであったように思う。





そして今年、カミナリがいわゆる「麒麟枠」として決勝に進出した。
どんなネタを見せてくれるのかと期待していたら、その期待以上のネタを披露してくれた。
僕はめちゃくちゃ笑ったし、会場も盛り上がっていたし、審査員もよく笑っているように見えた。
だけど点数は伸びなかった。
特に上沼恵美子の81点は衝撃的だった。
10年前のM-1だったら、ファイナルに進めないまでももっと高い評価を得ていたと思う。
こういう奴らが、M-1の「好物」だったはずなんだ。
そのカミナリに代わって上位に進出したのが、銀シャリ、和牛、スーパーマラドーナ
全員、2年連続の決勝進出で、正統派の漫才師。
実力はある。
そして、この三組は確かに面白かった(特にスーパーマラドーナの二本目は今日最も笑ったネタだった)。
だけど、実力があることはもう僕たちはよく知っている。
どんなネタをするのかも、だいたい知っている。
「未知」なことは、何一つない。




彼らのストレートが早いのは重々承知。
だけど豪速球も、そのうち慣れる。
M-1に求めているのは、見たこともないような曲がり方をするような変化球なんだ。
今日は一組だけ、未体験の魔球を投げたコンビがいた。
僕は思い切り空振りをしたけれど、プロの審査員たちは冷静に見送ってボールを選んだ。
特に上沼恵美子のバットはピクリとも動かなかった。
でも以前だったら、空振りするか、ハーフスイングする審査員もいたような気がする。




上沼恵美子の81点を見た瞬間、僕の中でM-1グランプリは特別な大会ではなくなった。
それが寂しい。

東海テレビドキュメンタリーの世界「死刑弁護人」「ヤクザと憲法」

映画館「ポレポレ東中野」で始まった特集上映「東海テレビドキュメンタリーの世界」を見に行ってきた。
以前このテレビ局が作った、名張毒ぶどう酒事件を扱った映画「約束」が衝撃的な内容だったので、他の作品も見てみたいと思い、上映初日に足を運んだ。


今回見たのは「死刑弁護人」「ヤクザと憲法」の二作。


「死刑弁護人」は、和歌山カレー事件の林眞須美やオウム真理教の麻原など、死刑判決を下されるような被告人の弁護を積極的に引き受ける安田さんという弁護士を取り上げた作品。
硬派な内容だったけれど、個人的にはやや肩すかしだった。
様々な裁判がある中で、わざわざ世間の非難にさらされながらも凶悪犯罪者の弁護に力を注ぐ、その人間性に興味を持ったのが見るきっかけだったんだけど、実際の映画は安田さんというフィルターを通して日本の裁判の現状を見る、という観点に重きが置かれていたので、期待していたものとは違う作品になっていた。


冤罪を扱った本や映像作品を見ると、この国って我々が思っている以上にデタラメなんだなと思わずにはいられない。
カレー事件における証拠捏造の疑惑、麻原の弁護を妨害するために容疑をでっち上げて弁護士を逮捕するなど、犯罪者並みにたちの悪い行為を国家権力が平気で行っていることにショックを受ける。
林眞須美が冤罪の疑いが濃いことはこの映画を見て初めて知った。
曰く、冤罪で捕まる人たちは無垢な善人のイメージが強くなるけれど、彼女はそこから大きく外れているからあまり取り上げられない、というようなことを言っていた。



「ヤクザと憲法」は、ヤクザに密着して彼らの日常を取材するという内容で、とにかくよくもまあこんな作品を撮ったなと驚くばかり。
取材者が「今覚醒剤売ってたんですか?」「この中に機関銃入ってるんじゃないですよね?」などと平気で訊いたり、不始末をした下っ端に若頭に制裁を加えようとして別室に入っていったとき、何とカメラも一緒に入っていこうとしたりする(もちろん若頭に止められた)。
作品のテーマとしては「ヤクザに人権はないのか?」ということ。
人権というのは誰にでも平等にあるはずなのに、ヤクザは銀行に口座を作ることができないし、子どもを保育園に入れることもできない。
これって憲法14条「法の下の平等」に反しないか?
ドロップアウトして裏の世界でしか生きていけない人たちに、この国はあまりにも冷たくないか? 
という問題提起を投げかけてくる。
ヤクザがある程度人権の制限を受けることは決して間違ってない。
犯罪者が一部人権を制限されるのと同様、反社会的勢力とみなされた集団なのであれば、力を広げさせないために押さえつけることは必要だと思う。
問題はその線引きをどこにするか。
少なくとも子どもが保育園に入れないのはおかしい。
朝鮮人学校への補助の凍結や給食費未納の子どもの給食を止める問題にも繋がるけど、大人の不始末の責任を子どもに負わせる社会は間違ってる。


規制の厳しい今の世で、こんな過激な作品を東海テレビのある地区では地上波で見られるんだからすごいこと。
もう一作品、どうしても見たい映画があるので、時間を作って足を運ぶ予定。

橋本長道「サラの柔らかな香車」「サラは銀の涙を探しに」

サラの柔らかな香車 (集英社文庫)

サラの柔らかな香車 (集英社文庫)

サラは銀の涙を探しに

サラは銀の涙を探しに




「サラは銀の涙を探しに」が文庫落ちしたので購入。
一作目の「サラの柔らかな香車」の内容をほとんど覚えていなかったので、前作を読み返すところから初めて、二作目も読み終えた。


二作ともサラという天才棋士を中心に据えて、その周辺のプロ棋士、プロの卵たち、夢破れたかつての奨励会員たちが彼女の才能に翻弄される様が語られていく。
章ごとに視点人物が変わり、途中で過去の出来事も挿入されるから時系列も乱れていくという複雑な構成になっている。
だけど決して読みにくくはなくて、むしろ作者が物語を最大限に盛り上げるようにエピソードを上手く配置しているように感じられて、高いテンションを持続したまますいすいと読み進めていくことができた。


サラはサヴァン症候群の持ち主で、天才的な能力を持つ一方で人とのコミュニケーションを取ることが極端に不得手だった。
だから彼女の感情はほとんど描かれない。
二作目に至っては、サラは冒頭で失踪してしまい、残された人間たちの動揺する様ばかりが描かれる。
だからこそサラの圧倒的な才能を前に絶望したり羨望を抱いたりする登場人物たちの心の揺らぎが迫力を持ってこちらに伝わってくる、そういう話の作りを目指したんだろうと思って二作を読み進めていた。
だけど、二作目の最後の最後、初めてサラの感情が明らかになる。ラストまで一切明かされていなかったからこそ、彼女の思いが露わになった瞬間は、感動せずにはいられなかった。


二作目は人間の力を超えた人工知能にどう向き合うのかがテーマになっている。
現実でも人工知能の指し手をカンニングしたのではないかという話題があるけれど、コンピュータが「正解」を提示する中で、人間が指し続ける意味は何なのかという問題はこれからしばらく向き合わないといけないだろう。
プロ棋士にはそれぞれ棋風があって、その棋風がぶつかり合うから面白いんだ、と読む前までは思っていたけれど、この作品では個性を持った人工知能が登場してくる。
例えばオリジナルの棋風を持った複数の人工知能が登場して、人工知能同士が人間を超越したレベルの対局を行ってファンが勝負の行方を見守るようになったとき、人間のプロ棋士たちの存在意義はどうなるのか。
人としてのキャラクターや人間ドラマだけで対抗していけるものなのか。
読み終えてからそんなことを考えた。